CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
iknow!
MOBILE
qrcode
<< 自分なりの目標と勉強方法で。 | main | ぶろぐ。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
私の攻略法。

そんなわけで、Toeicに直結ということでなく、
英語力アップに向けた勉強に切り替えていこうと思っていますが、
その前に、
これまでの私の
Toeic試験の攻略法です。
似たタイプの方の参考になれば。



リスニング

先読みは、(私は)したほうがスコアがあがる、と思ってます。
記憶力を問う問題じゃなくっても、意識していないと、信じられないほど、記憶ができません。
10秒前にきちんと聞き取れたことが、10秒後には消えるんですよ。英語だと。
本文が流れている時に『聴く強弱』をつけるためにも、先読み派です。

ただ、、最近は、うまく先読みができません。
以前は、ちゃんとできましたが、
最近は、先読みをしている間に流れている音声が、言葉として聞こえてきて、
先読みの邪魔をするんです。
リスニング力が上がった、んだとすれば嬉しいことですが、先読みできないのは困ります。。。

問題文が流れている時は「聴く事に集中」します。
目を閉じる、あるいは天を仰いで、英文を目に入れないようにしてます。
頭の中にはスクリーンがあって、そこに映像化していきます。
映像化は、ストーリーが記憶に残りやすくて、先読みできなくてもかなり有効です。
(先読みができていればなおヨシです。シチュエーションが絞られるので、映像のスタート(具体化)が早いです。)
そして、話にあわせてのカメラワーク。
映画のカット割りみたいに、いろいろ、これは面白いです。
もしも先読みがうまくできて、その中に“木”の設問があれば、
映像化のときは、それがアップで映ります。
たとえば、「予約は○曜日だったわね。」とか聴こえたら、
映像の中の部屋の壁にかかってるカレンダーがアップになって、
予約の日に赤丸がついてたりします。
例えば会議の日程が変更になったら、手帳がアップになって、
火曜あたりに書いてある予定が二重線で引かれて、木曜の欄に書き込む手元が映ったりします。


先読みが最近はあまりできていないけれど、映像化することでなんとか記憶を保つ。
だけど先読みすれば映像化もスムース。
映像化は“森”の問題に対処しやすい。
“木”の問題を認識できてそれをアップで撮れれば、さらに有効。

難点は、聴きながら答えを選ぶということをしないので、次の問題の先読み時間が短くなることです。


リーディング

Part5は、全速力でやります。
(私なりの全速力なので、あまり速くないかもしれませんが。)
本試験では、時間は気にしてません。
時計を見る時間がもったいないです。
できる限り速く、やってます。
読む問題か、読まない問題か、を判断して、
読む問題はおそらく、、30秒くらい?読まない問題は5秒くらいでしょうか。。。
分からなかったら、勘でさっさと答えちゃいます。捨てる、ってやつです。
(性格上、これが以前はできませんでした。いまでも、かなり後ろ髪をひかれますが、Part7に時間を残すため、捨てます。ツライ。。)

Part7は、全文読みです。
全文読みの理由は、以前もかきましたが
 ・私は語彙力が低めなので、全文を読んだほうが、話の流れから、分からない語彙の想像ができる。
 ・部分読みをする際の、「部分」のチョイスがよく分からない。
 ・設問に対応するところを長文の中から探すのに意外と時間がかかる。
 ・心配性だから「もしかして読んでない箇所に大どんでん返しがあるのでは?」と不安になる。
 ・基本的にちゃんと全部読みたい。(A型だから?)
などです。
(TBRの中で神崎先生が、「marchさんだったかMaryさんだったか、、Mの女神の人」とおっしゃってましたが、実はmari-mariでした。。)

具体的な順番としては、
まず設問を、設問だけ読みます。(選択肢は軽く視界に入れるくらい。)
言い換え問題の単語の位置は確認しておきます。
そして本文を全文読み。
あまりちゃんと理解しようとはしてなくて、
けっこうなスピードで流し読みですが、
設問と関係ありそうなところになってくるとシッカリ読み。
そこで選択肢を見て、答えを選びます。
さらに読みすすめて、また設問と関係ありそうなところで、
選択肢を見て、答えを選びます。
(読むのを一時停止するのはだいたいパラグラフごとです。
 パラグラフが長い場合は、要点の1行後、2行後くらいまでです。
 読んでる時は指で追っていて、選択肢に目を移すときも指は本文に置いたままです。)
最後まで読んで、ドンデン返しもないようなら、
選んだものをマークします。

一気に読んでから問題を解くと、細かな記憶が曖昧でまた本文に戻らないと分からないということが出てくるので、
途中途中で、それっぽいところが出てきたら問題を解いてしまっています。


特にリーディングは、1年前とは全く違う解き方&時間配分です。
自分なりの、ストラテジーです。
Part5に20分か30分かと言われれば、それは30分ほしいですが、
Part7に45分か55分かと言われたら、断然55分ほしいので、
Part5のスピードをあげてPart7の時間を確保しました。
私の場合は、Part7に時間をかけた方が、スコアがあがると思ったからです。
私が、語彙・文法を苦手としているから、有効なんだと思います。

Part7優先ですが、
解く順番は、5→6→7。順番どおりです。
これはマークミスの防止のためです。
その代わり、ぜんぶ最後まで終わらせる、これが必須。


・・・こんな感じで解いてます。
私程度のスコアだとあまり自信を持ってオススメはできないのですが、
私にとっては、かなり『実力を超えた』スコアがでてると思います(*_*;
(いいのか悪いのか・・・。)

| - | 07:07 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 07:07 | - | - | |
コメント
コメントする